コロナウィルスへの対応

新型コロナウィルス感染の再拡大が深刻化しています。そして遺憾なことですが、4月下旬に富山市内の某歯科医院でクラスターが発生しました。あいにく日本歯科医師会に入会していない医療機関での発生事案のため、同院での感染経路やどのような感染対策をしていたのか等、詳しい情報は得ていません。ただ、私達は極めて深刻に受け止めています。

当院では日本歯科医師会のガイドライン(協力:厚生労働省)に沿った感染対策をした上で以下のような対応を行っています。

1. 平常通りの治療体制、診療方針ですが、来院回数がなるべく少なくなるよう配慮しています。また不要不急の治療は患者さまのご同意を得た上で極力控えています。

2. ご来院毎に、診察開始前にアルコール系消毒薬による手指消毒をしていただきます。

3. 手指接触機会を減らすこと、換気効率を上げるため、院内の扉は開放状態としてあります。

4. 昨年春から、職員間のミーティングは必須な伝達を除き全て中止し、職員の昼食・休憩は個々に別室で取り、密室・閉鎖空間で2人以上過ごさないようにしています。

5. 職員は体調管理に留意しており、体調が少しでも悪い場合は勤務しないようにしています。

6. 次に該当する方は医院施設内への立ち入りをお控えくださいますようお願いします。
- 新型コロナウイルス陽性の人
- 同居者が新型コロナウイルス陽性の人
- 14日以内に新型コロナウイルス陽性の人と濃厚に接触された人
- 14日以内に海外から帰国され、PCR検査で陰性が確認されていない人
- 新型コロナウイルスへの感染が強く疑われる方

7. 営業、商用など、診療以外の目的で訪問を希望されるお客様については、事前に当院に電話で面談時間、面談方法を相談、確認していただいてから、ご来院ください。予約なしの面会希望には対応しかねます。

8. 政府が準備している医療従事者に対するワクチン(ファイザー製)は近日中にスタッフ全員接種する予定です。


なにか、ご不明の点があれば、電話でお問い合わせください。

2021年05月01日